京都(きょうと)散歩写真

ご存知、JR(近鉄、京都市営地下鉄)京都駅にて。

京都観光あるいはビジネスの玄関口として、この駅を
訪れた事の無い方の方が珍しいかもしれません。

そして、平安遷都1200年(=1994年)を記念して
改修された、この巨大な京都駅ビルの構造は、
初めて見る方は驚きを隠せない事だと思います。

延々と斜めに続くエスカレータを上がっていくと
京都伊勢丹の屋上に出ます、ここからの夜景は
(さほど綺麗というわけでも無いのですが・・汗)
駅直結、交通の便がバツグンなので(笑)国内外からの
観光客や、若いカップル達が沢山集ってきています。

ぶ厚いガラスに囲まれた屋上広場なので、フラッシュ
が反射するなど、観光客は撮影に苦労されている
様子ですが、カメラを適切に設定し、環境を上手く
使えば写り込みや反射などを駆使して、不思議空間を
演出することもできます。
c0191967_20491316.jpg

c0191967_20492026.jpg

c0191967_20492591.jpg

c0191967_20493496.jpg

c0191967_20494270.jpg

c0191967_2049471.jpg

c0191967_20495376.jpg

マニアック度=☆ 
[PR]

by ushinosanpo | 2009-12-15 20:50 | 京都府 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : https://ushinosanp.exblog.jp/tb/13241887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by srakko at 2009-12-15 21:46
牛さま、こんばんは~

京都駅がいつのまにか、
改修されたと思っていたのですが、
平安遷都1200年(=1994年)を記念してとは、初めて知りました~
勉強不足ですね(汗)
夕方から夜にかけての京都駅。
6枚目、ぼんやりとした灯りが、
幻想的で好きですね~
Commented by midorizaka at 2009-12-16 21:23
京都駅ですか、なんとメジャーな場所ですね^^

遠くの雲の形や色、漏れてくる陽光を見ると
なかなか古都らしい風情なのかと思ったりもします。

でも、こんな宇宙船みたいな建物からの景色だとすれば、
暮れなずむ光景も
異次元への入り口みたいに見えてくるから不思議です。

夜空に浮かぶタワーは、
「足」が映っていないことからして
いかにもあり得ないツクリモノっぽいというか、
技術を駆使した映画の一場面のようですね。


日暮れと共に始まるスペースマジックは、
日没直後に盛り上がり
夜が深まるのに連れて、はかなく消えていく感じです。
最後は玉ボケのまぼろしと化してしまうのかなあ。
Commented by ushinosanpo at 2009-12-17 20:44
srakkoさん、いらっしゃいませ。
確かsrakkoさんにとって、京都駅などは
乗り換えトラブルとかが良く発生する鬼門
でしたっけ? 
今度もし乗り遅れた時は屋上庭園を是非
ごゆっくり鑑賞してみてください・・(汗)
Commented by ushinosanpo at 2009-12-17 20:47
midorizakaさん、いらっしゃいませ。
1枚目の雲の形は、龍が空を飛んでいるように
にも見えるし、あるいは京都駅に集る電車の
数々とも・・
6枚目はまさにおっしゃる通りで、SF映画の
シーンのイメージです、たとえば「未知との遭遇」
とか・・ これを「足」を切るようにイメージ通りに
撮ろうとするのは、意外に苦戦しまして、
空の明るさとの関係からも、少しこの場所で
粘って撮りました(笑)
Commented by yuyus at 2009-12-26 01:25 x
屋上からの景色は、それほど大したことはないけど、
上手く表現されていますね(^_-)-☆
一枚一枚が素敵です!!
特に後半の4枚が気に行っています。。。
Commented by ushinosanpo at 2009-12-27 18:08
yuyus さん、いらっしゃいませ。
後半 4と6は、屋上のガラスの写り込み狙い
ですが、夕暮れの時に、いい感じに反射する
ときがありました、今回は完全にそれ狙いで
撮りたいものを絞るのもなかなか楽しいです。

<< 深北緑地(ふかきたりょくち)散歩写真 有馬(ありま)散歩写真 >>