<   2009年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

河内長野(かわちながの)散歩写真~花の文化園編

大阪府河内長野市、高向(たこう)にある花の文化園、
ここは、いわゆる植物園になります。

交通アクセスは、車ではなく公共交通機関を使うと
意外に面倒で、南海/近鉄の河内長野駅よりバス15分、
上高向下車でさらに徒歩15分というのが唯一の手段でした。

過去数回この場所を訪れた時は、バイクまたは上記の
バスでしたが、今回ちょっと変わったルートを発見・・

花の文化園出口より南に徒歩3分のところに階段があり
山を登って、巨大なニュータウン「南花台」(なんかだい)
に到達する事ができます、今回帰路はそこを利用、南花台
まで出て(登って)しまえば、あとは南海の三日市町駅まで
徒歩2km程度、と軽く考えてましたが、その階段は長く
急で結構ヘロヘロに(汗) まあ南花台は大きな住宅街
なのでバスが沢山出ていて、それに乗って三日市町まで
無事たどり着いた次第です・・・

さて、植物園での撮影と言うと、花ばかり撮るように
思えてしまうのですが、そんな事はありません、
むしろ普段の撮影に加え、たまたま花がそこにあった、
程度に思って撮るのがいいかも知れません。

あまり花自身に目が行ってしまうと、いちばん肝心な
感覚、や、伝えたい事、といった表現の要素を見失って
しまいます、三脚やオーバースペックなまでの本格的な
機材も禁物、ますます単に綺麗に花を撮るだけの単調な
作業(=それは撮影では無い)になってしまいます。
綺麗なのは「花」なのであって、自分が撮る写真が
綺麗だという理由では無い筈です。

なので綺麗に撮っても、それだけでは意味がなく、
写真と言うからには、そこに撮った人個人の何等かの
表現的な部分が含まれる必要があります。さもないと
「図鑑写真」になってしまいます。

図鑑は図鑑で「説明する」という立派な理由がありますが、
個人で撮る、ましてや写真ブログといった表現の場で
発表する写真としては図鑑写真は適切では無いでしょう・・
(図鑑ブログでしたら、それはそれでオッケーですけど)
たとえ植物園でも花だけが被写体では無いという事ですね。
c0191967_21331933.jpg

c0191967_21333630.jpg

c0191967_21335120.jpg

c0191967_2134522.jpg

c0191967_21342031.jpg

c0191967_21343477.jpg

c0191967_21344816.jpg

マニアック度=☆

関連記事:三日市町散歩写真
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-30 21:36 | 大阪府 | Trackback | Comments(9)  

近江鉄道(おうみてつどう)散歩写真

近江の国、滋賀県の近江鉄道は、近江八幡駅を始点とし、
琵琶湖から離れるように八日市駅や五箇荘駅、日野駅、
貴生川駅、多賀駅、といった地を廻り、そしてまた
琵琶湖畔の彦根駅から米原駅に至ります。

ローカル線ですが、西武グループがこの路線やバスを
運営しています、このため西武ライオンズマークの
電車やバスが来る事もあります。

また、地元企業とも密接していて、京セラ前駅、フジテック前駅、
スクリーン駅などがあり、駅舎の建築は一部企業が負担して
いるそうで、その企業の広告を施された電車も走っています。

南側の起点、貴生川駅は信楽高原鉄道に接続していて、
将来的にはさらにこの路線を大阪、京都、奈良を走る
JR片町線と連絡する「びわこ京阪奈線」の構想が
あるそうです。

それと、自転車も車内に持ち込めるのも大きな特徴です。
c0191967_20531713.jpg

c0191967_20533366.jpg

c0191967_20534768.jpg

c0191967_2054289.jpg

c0191967_20541836.jpg

c0191967_20543111.jpg

c0191967_20544312.jpg

マニアック度=☆☆☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-29 20:55 | 滋賀県 | Trackback | Comments(12)  

三日市町(みっかいちちょう)散歩写真

南海高野線(りんかんサンライン)の三日市町駅より、
雨の旧高野街道(こうやかいどう)を「牛の散歩」です。

1000年も昔から高野山参拝に使われた高野街道は、
京都や大阪からのいくつかのルートがあり、それらは
ここ大阪府河内長野市で合流し、高野山へ向かう道に
なったそうな・・

こうした古い街道と、雨というのは、比較的よく合う
マッチングのように感じます。
参拝や巡礼を旅の主な目的としていたはるか昔、
交通機関も何もなく全行程を自らの足で歩むしか
なかった頃・・ そして、そうした街道の旅は、晴天で
気候の良い季節にだけ行われるものでは無かった事も
確かです。

写真散歩もまた晴天の日だけ行われるものでは無いです、
雨に似合う被写体、いや、雨で無いと撮れない被写体は
いくらでもあり、撮影上の様々な不便を承知の上でも
雨の日にしか持てない感覚や視点を求めたり、旧街道の
古(いにしえ)のイメージを感じ取りたくなってしまいます。
c0191967_203568.jpg

c0191967_2032456.jpg

c0191967_2034157.jpg

c0191967_2035744.jpg

c0191967_2041341.jpg

c0191967_2042944.jpg

c0191967_2045399.jpg

マニアック度=☆☆☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-28 20:06 | 大阪府 | Trackback(2) | Comments(11)  

宝ヶ池(たからがいけ)散歩写真

京都市左京区にある、宝ヶ池。
この場所のアクセスは、京阪電車の出町柳駅から叡山電鉄に
乗り、宝ヶ池駅で降りるか、あるいは京都市営地下鉄烏丸線で、
国際会館駅で降りて歩きます。

休日には家族連れや若いカップル、ジョギングや犬の散歩など
で賑わうのは都市型公園の常ですが、ここ宝ヶ池は京都の
観光名所とは少し離れた位置(京都市の北部)にあるため、
ほとんどが地元の方のように見えます。

自然と人間の共生、と言うには大げさかもしれませんが、
このあたりで見かけた様々な動物達の姿からも、なんだか
そんな雰囲気が感じ取れます。
c0191967_21501459.jpg

c0191967_21503348.jpg

c0191967_21505199.jpg

c0191967_21511435.jpg

c0191967_21514698.jpg

c0191967_2152220.jpg

c0191967_21521949.jpg

・・・ちなみに。
動物単体の写真で、姿、形や表情が綺麗に撮れているものを
ただ並べても組写真としての「テーマ性」は成り立ちません、
「被写体としての動物」の魅力は大きいですが、ただそれを
上手に撮っただけでは、写真で伝えたい「何か」が大きく欠けて
しまうのが、とても難しいところだと思います。

マニアック度=☆☆ 
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-26 21:54 | 京都府 | Trackback | Comments(6)  

平野(ひらの)散歩写真

大阪市平野区、JR平野駅から、地下鉄谷町線平野駅に
向けて今日も「牛の散歩」です。

平野は、古くから平野郷と呼ばれ、大阪の街ができる
以前の平安時代から栄えた土地です。
最近は古地図を様々な博物館などで見かける事が
できますが、大阪を俯瞰した古地図を見ていると、
遠くに平野郷が描かれているのが特に印象的でした。 

戦国時代には、こういった独立自治都市は、外敵
から守るために環濠(堀や土塁)を作って防御・自衛
を行いました。
平野以外にも大阪でしたら富田林や久宝寺などの
「寺内町」で、その跡を見る事もできます。
また、こうした街を「環濠集落」と呼ぶ事もあります。

平野の街のイメージは、その独立性の強さからなる、
独特の文化が発展し、今なお随所にそれが残って
いる事です。
下手をすると「余所者は入れない」ような排他的な
雰囲気さえ感じ取る事もありますが、そこは幸い、
そう思えるイメージだけで、フラリと入った商店街の
中華料理屋の中国人おかみは、随分と話し好きで、
とてもきさくな印象でした。

被写体は極めて多く、変わったお寺や、変わった
展示物、珍しいものを沢山売っている商店街、
古い廃線跡や、うだつ(=防火壁)のある建物、
そして、とても小さい博物館が多数・・ 

しかしそうした珍しいものに、あまり強く着目して
しまうと、写真的には「変わったものコレクション」に
なってしまい、この街の実際の雰囲気を感じ取る
ことができなくなります。

まあ、ここはちょっと「不思議の街」の印象がある
「平野」です、今日はできるだけ、その独自性の高い
雰囲気を念頭に置いて、この街の自分なりのイメージ
の一部を切り取ってみましょう・・
c0191967_20441649.jpg

c0191967_20443572.jpg

c0191967_20445110.jpg

c0191967_2045974.jpg

c0191967_20452926.jpg

c0191967_20454447.jpg

c0191967_2046354.jpg

マニアック度=☆☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-24 20:44 | 大阪府 | Trackback | Comments(16)  

西大寺(さいだいじ)散歩写真

奈良市にある近鉄大和西大寺駅は、東西南北4方向に電車が
走る交通の要所です。

東に行けば奈良駅、西には大阪難波駅、北に向かえば京都駅
南に下りれば橿原を経由し飛鳥や吉野に向かう事も出来ます。

ただ、そうした乗り換えポイントの駅としては有名な
西大寺も、この駅で降りて観光をしようという人は、
あまり多く無いかも知れません。

佐紀・佐保路をはじめ、古墳群やちょっと独特な雰囲気の
古い町並み、そして足を伸ばせば平城宮跡と、この町も
なかなか見所が多く、のんびりとした「牛の散歩」には
うってつけです。
c0191967_20425019.jpg

c0191967_20431326.jpg

c0191967_20433112.jpg

c0191967_20435737.jpg

c0191967_20441324.jpg

c0191967_20442886.jpg

c0191967_20444536.jpg

マニアック度=☆☆☆

関連記事:平城宮跡(へいじょうきゅうせき)散歩写真   
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-23 20:44 | 奈良県 | Trackback | Comments(9)  

五条(ごじょう)散歩写真

五条(あるいは五條)という地名も数多くあると思いますが、
今日訪れたのは、「京の五条の橋の上・・」の弁慶牛若丸
の伝説で有名な京都の「清水五条駅」です。

京阪電車のこの駅は、以前は単に五条駅と呼ばれてましたが
京都市営地下鉄に同名かつ場所が離れている駅があり、
紛らわしく、近年清水五条駅と改名されました。

実は清水五条駅には京阪特急が止まりません。
近隣には、清水寺界隈、東山界隈、祇園界隈と有名観光地
がずらりとあるのですが、この駅の付近には観光名所は
少なく、すっぽりと抜け落ちたように、観光客の少ない
穴場スポットとなっていて、京都にしては比較的のんびりと
散策や撮影を楽しめる場所となっています。

京都の有名観光地近くには、いわゆる「良い季節」には
近づかないようにしています。 全国あるいは海外からも
旅行ガイド片手、カメラ片手の観光客が、イヤと言うほど
ゾロゾロと集ってきて大混雑します。

観光収入は京都の財源としては大きな意味を持って
いるのは良くわかりますが、残念ながら私はそうした
観光客が集る場所が大変苦手です。

そして、もっと苦手なのは観光地で観光写真を撮る
行為でして、その点は、このブログの三大コンセプトの
1つ「観光写真は撮らない」として、掲げているくらいです。
c0191967_20102375.jpg

c0191967_20104780.jpg

c0191967_2011465.jpg

c0191967_20111791.jpg

c0191967_20113124.jpg

c0191967_20114678.jpg

c0191967_2012162.jpg

マニアック度=☆☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-21 20:14 | 京都府 | Trackback | Comments(10)  

須磨(すま)散歩写真

須磨と聞いて連想するものというと・・

まず須磨水族館(須磨海浜公園)が思いつきます。
あるいは、庭園や景観が美しく、隠れデートスポットでもある
須磨離宮公園もなかなかの名所かも知れません。
それから、源氏物語での光源氏ゆかりの土地、
(しばらく須磨で暮らしていた)という所でしょうか・・

今回は陽光あふれる春の須磨を散策、人の多い
水族館や離宮公園は避けて、山陽電鉄須磨寺駅より
オリジナルなコースを巡り、気楽な写真を撮りながら、
のんびりと「牛の散歩」です。
c0191967_1952456.jpg

c0191967_19521674.jpg

c0191967_19523585.jpg

c0191967_19532239.jpg
c0191967_19534161.jpg

c0191967_19542424.jpg

c0191967_19544054.jpg

マニアック度=☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-20 19:55 | 兵庫県 | Trackback | Comments(8)  

阿倍野(あべの)散歩写真

大阪市阿倍野区は、昔このあたりを治めていた豪族の
「阿倍氏」に由来するそうですが、他にも諸説ある模様です。

また、かの陰陽師、安倍晴明(あべのせいめい)の
生誕の地とも言われ、彼をまつる安倍晴明神社もあり、
ちょっと変わった雰囲気を味わえます。
(アセクスは阪堺上町線東天下茶屋駅より)

路面電車の阪堺線の1日券を使えば、天王寺、阿倍野
界隈から住吉大社のあたりまで、ブラリと電車と散歩と
組み合わせて、下町情緒を十分楽む事ができます。
c0191967_20342623.jpg

c0191967_20344354.jpg

c0191967_20345762.jpg

c0191967_20352032.jpg

c0191967_20353613.jpg

c0191967_20354895.jpg

c0191967_2036052.jpg

マニアック度=☆☆
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-19 20:38 | 大阪府 | Trackback | Comments(6)  

桃山(ももやま)散歩写真

京都市伏見区の伏見桃山城にて(JR奈良線桃山駅より)

その昔、数度築城された「伏見城」は実はこの場所ではなく、
現在の「伏見桃山城」は、近年新しく作られた城だそうな・・

かつてレジャーランドとしてここにあった伏見桃山城キャッスルランド
も今は無く、現在は運動公園となっていて、天守閣こそ登れない
ものの、間近から、このお城を見ることができます。

3月中旬、まだ寒さが残る日が続いていた頃でしたが、
ここ桃山は、その名の通りなのか?、早い春が訪れていました。
観光客もカメラマンの姿も少ないこの場所で、のんびりと、
秀吉の時代の栄華を想像してみるのも、なかなか楽しいものです。
c0191967_844631.jpg

c0191967_853131.jpg

c0191967_894122.jpg

c0191967_895978.jpg

c0191967_8101699.jpg

c0191967_8102022.jpg

c0191967_810383.jpg

マニアック度=☆☆

未公開写真あり:Making of "牛の散歩写真"
[PR]

by ushinosanpo | 2009-04-18 08:13 | 京都府 | Trackback | Comments(10)