小関越え(こせきごえ)散歩写真

滋賀県大津市小関町。

ここは、琵琶湖湖岸より京都の山科(やましな)付近
に抜ける旧道です。旧道は2つあり、1つは逢坂越え、
そしてもう1つが小関越えと言われていたそうです。

逢坂(おうさか)越えの道は、国道1号線、つまり
東海道でして、はるか昔から良く知られ、
百人一首にも2つの首、

「・・・知るも知らぬも 逢坂の関」

「・・・よに逢坂の 関はゆるさじ」

の下の句で出て来るので、大変有名だと思います。
また京阪京津線も逢坂越えで京都と琵琶湖を結んでいます。

で、逢坂の関を「大関」と言った事に対して呼ばれた、
小関(こせき)越えの方は殆ど知られてはいません。

ただ、こちらの旧道は、琵琶湖の水を京都に運び
飲料水、農業用水、あるいは水運、発電として利用した
「琵琶湖疎水」に沿って歩くことができます。
・・とは言え、疏水はこのあたりでは地下に潜って
いる事が多く、疏水に隣接して歩けるのはごく一部
だけですが・・

峠越えとは言え、高低差はあまり大きくなく、
小関越えの部分だけでしたら距離も短く1時間ちょっと
で歩けるので、ハイキング・ウォーキングなどの人達を
ごく稀にみかけます。
しかしながら基本的には観光ガイドに乗るような場所では
無いので、観光客の姿も見かけず快適に散歩撮影を
楽しめます。

まあ車も殆ど通らないのですが、たまに来る車は、
1号線の抜け道として利用しているらしく、そういう考えの
ドライバーの場合は、かなり飛ばしてくる輩が殆どなので、
ブラインド(見えない)コーナーなどでの撮影は、そうした
暴走車に十分注意して自衛する必要がありますが・・

さて、この小関越えへのアクセスですが、非常に微妙な
位置にあり、京阪大津線(京津線と石山坂本線を一緒に
してこう呼ばれます)の四宮駅(しのみや)、か
三井寺駅(みいでら)、上栄町駅(かみさかえちょう)
しかし、どこから行っても距離がありますね(汗)

また、途中リタイヤやエスケープが効かないコースなので、
(バスも無い、トイレや飲食店、自動販売機も無い)
基本的には中上級者向けのルートになると思います。
c0191967_2292414.jpg

c0191967_2294771.jpg

c0191967_2210868.jpg

c0191967_22102647.jpg

c0191967_22104451.jpg

c0191967_221151.jpg

c0191967_22112285.jpg

マニアック度=☆☆☆  
[PR]

by ushinosanpo | 2009-06-08 22:12 | 滋賀県 | Trackback | Comments(10)  

トラックバックURL : http://ushinosanp.exblog.jp/tb/11710558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by al17 at 2009-06-09 08:24
牛さん お早うございます^^
旧道には 何か引かれる哀愁の様な
昔懐かしい風情が有って 以前ここに
住んで居たかの様な雰囲気に浸れますね。
緑の木立 道祖神 ヒメジョオン・・・
獅子おどし?の音や波紋・・・
絶妙な牛さんの7枚綴りの素敵な発掘
ご案内に引き寄せられます☆
都会の雑踏に生きる人々には 特に
何気ない素朴な佇まいに季節を感じ 
人間本来の姿を取り戻せるかも?ですね。
今日も有難うございました。
Commented by hanmaondo at 2009-06-09 20:41
今日のコースは、とても私の好みに合います。
写真の方も、私のスタイルとほぼ同じ(^^)
愈々師匠に迫ったかな?と大いに妄想を
逞しくすることができました。
特に6枚目の片喰と可愛らしいお人形さん
みたいな、置物みたいな・・・ 一体こりゃ、
何でしょうか?まるで謎の世界ですね(笑)
Commented by まう at 2009-06-09 21:07 x
こんばんは

とっても静かな写真ですね。。
これはこの場所が静かだってことももちろんあるでしょうけど。。。
牛さんの感性?がとっても静かなんだろうと思います。

いつも思いますが、観光ガイドにも乗らないような場所を、どうやって見つけて、ルートを考えられるのか。。。
野生のカンってやつでしょうか~~
だとしたら羨ましいです。。。
知った道でもうまく歩けなかったりするし。。
なかなかコワくて近所でも冒険できなかったりするので。。。
Commented by butugude at 2009-06-10 11:42 x
 自分のブログにも書きましたが、最近の公園は
異常に味気ないです、管理しやすいように雑草
なんかも薬で抑えているのでしょうね。

 やはり、あんまり人が居ない所が良いと
感じます。

 以前三井寺に行った時に大津の街に出ようと
石段を下りました、小関町の近くを通ってますから
場所も把握出来ましたので行ってみたいと思い
ます。貴重な情報、ありがとうございます。
Commented by kawaken at 2009-06-10 14:53 x
こんにちわ~

なかなかマイナーなスポットですね!
私はこんな場所があるなんて知りませんでした~

このような場所を独特の目線で切り取る牛さんの表現力もあって、いい雰囲気が伝わってきます。

GRDⅡの独特の描写も好きですが、デジイチの大口径レンズのボケも素晴らしいですね!

私もKissDNを引っ張りだしてきたことだし、ボケにチャレンジしてみようかな?
Commented by ushinosanpo at 2009-06-10 19:58
al17さん、いらっしゃいませ。

al17さんのお住まいのあたりは、どんな感じ
なのかなあ? 私が住んでいるところは普通の
中規模都市で、ひととおり何でもありますが、
「自然」は無いです。 まあ、だからこそ週末
になると、こういった場所に行きたくなるの
かもしれませんね・・
Commented by ushinosanpo at 2009-06-10 20:03
hanmaondoさん、いらっしゃいませ。
あと、ポイントとしては、できるだけ「モノ」に
注目しない事ですかねえ・・ 「モノ」を見て
しまうと、その「モノ」を綺麗に撮ろうとかに
頭が行ってしまう。 
写真の場合、そうした「単品」の「モノ」では
なくて、雰囲気を含めて撮るのがいいです。

その最も簡単な事は「背景jの意識です。
写真をご覧になられたらわかると思いますが
パンフォーカス以外の写真では、必ず背景を
意識して撮っています、被写体と、それが
置かれている状況、あるいは被写体と背景の
連携や、逆に対比など・・ 単品撮りをやめる
ようにすれば、またぐっと写真の奥行きが
広がると思いますよ。
Commented by ushinosanpo at 2009-06-10 20:08
まう さん、いらっしゃいませ。
はい、確かに静かな場所ですが、私が静かな
性格というわけではないです(笑)

簡単に言ってしまえば、静かな場所だから
静かな雰囲気の写真を撮りたいわけでして、
「その場所の雰囲気やイメージを伝える」
組写真を目標としています。

観光ガイドに載っていない件ですが、
たとえばこのあたりの道だと、古道や街道の
本や街道ウォーキングの本あたりには出ている
かと思います、歴史の本でもいいかもしれません
ね、そういうところに「手がかり」があれば、
あとはネットなどで調べればいくらでも情報が
入手できると思います。
Commented by ushinosanpo at 2009-06-10 20:14
butugude さん、いらっしゃいませ。
公園も、一種の観光地化していまして、
しかもお金がかからない・・ 休日には
若いファミリーでいっぱいでして、なんとも
居心地が悪いというか・・・

皆が判で押したように、観光地、商業施設、
公園、ターミナル駅などに集るのが、どうも
嫌いでして、なんともワンパターンというか
創造性が無いというか・・ そういう場所を
できるだけ避けていると、どうしてもこういった
マイナースポットになってしまいます。

小関越え、その三井寺からのルートで間違い
無いです、もし行かれるのでしたら結局京都の
山科のあたりまで歩く事になってしまうと
思いますので、何かとお気をつけください。

結局この日は、36000歩、概算18kmくらい
歩きました・・(汗)
Commented by ushinosanpo at 2009-06-10 20:23
kawaken さん、いらっしゃいませ。
琵琶湖に自転車で行かれる時は、こちらの
ルートも検討してみてください、1号線よりは
走りやすいと思いますよ。

GRD(初期型)の写真は今回は少なく、
2枚目、3枚目のみです。

1と7が安価な普通のズームコンパクト、
4~6が、一眼で、クラッシックレンズの復刻版
になります。 コンパクトでも適切に使うと、
一眼に負けない表現力があるのが面白いです。

<< 池田(いけだ)散歩写真 服部川(はっとりがわ)散歩写真 >>