石山(いしやま)散歩写真

滋賀県大津市の石山は、観音霊場の石山寺を擁し、また、
琵琶湖畔や瀬田川のいくつもの観光施設を楽しめる街です。

特に桜や紅葉の季節には、京阪石山坂本線で石山寺駅から
浜大津を経由し、反対側の終点に至る坂本駅の日吉大社は、
いずれも観光客でたいそう賑わっています。

そうした観光地で「観光写真を撮らない」、というのは逆に
難しい事でもありますが、ちょっと視点を変えるだけで、
色々な面白いものが見えてくるのは、写真の楽しみだと思います。
c0191967_20221949.jpg

c0191967_20223775.jpg

c0191967_20225316.jpg

c0191967_2023972.jpg

c0191967_20232610.jpg

c0191967_20234182.jpg

c0191967_20235613.jpg

マニアック度=☆
[PR]

by ushinosanpo | 2009-03-23 20:25 | 滋賀県 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://ushinosanp.exblog.jp/tb/11166349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawaken at 2009-03-23 21:58 x
何でもそうですが、ただ撮影するだけでは写真も漠然となってしまいますね。

ちょっと視点を変える、切り取り方などを変えると写真も面白くなりますね。

私はそういうところが下手なので牛さんの画像を見て勉強、勉強・・・
Commented by fleurirfufu at 2009-03-24 10:17
こんにちわ♪

2枚目のお写真は、風神雷神さまですか?(違ってたらごめんなさい!)
私、風神様の熱烈なファンでして・・・ 笑
肌身離さず持ち歩いてるお守りも、風神様・・・

これって、なんだろう?って気持ちがふと足を止め
あぁ~~♪って理解してから、では1枚♪と撮る時と
理屈抜きで、あ!撮りたい><って直感で撮る時とあって
後で見直すと、写真の違いに自分でもびっくりするときがあります^^;
やっぱり直感って大事ですね☆
Commented by まう at 2009-03-24 20:24 x
はじめまして。。
色んなといころをさまよっていて、こちらに立ち寄らせていただきました。
写真は撮りませんが、写真を観るのは大好きです。
今回は仁王様に魅かれてコメントさせていただきました。
大好きなんです。。。
この力強いお姿が。。。

さりげないところに着目された写真がとても美しくてすきです。
Commented by ushinosanpo at 2009-03-24 20:34
kawaken さん、いらっしゃいませ。
実のところ、視点を切り替える、というのは
簡単なようで、非常に難しいかも知れません。
私の写真は、ちょっと変わっているので、
勉強にはならないかも知れませんが、
それでも他の人の写真を見れるというのは、
ブログ時代ならではで、色々刺激を受けれると
思います、個性を創り出すレベルにいたるのが
難しいんですよね、私も試行錯誤の真っ最中
です・・
Commented by ushinosanpo at 2009-03-24 20:38
fleurirfufuさん、いらっしゃいませ。
風神さんなのか、あるいは仁王様なのか
あまり詳しくないのですが・・(汗)
このアングルはなかなか迫力があったので
思わず撮ってしまいました、最近は、金網で
囲まれている寺社も多く、簡単に撮れない
んですよね・・

直感・・ そのあたりも掘り下げていくと、
恐らく、自分自身が持っている映像の
記憶に突き当たるのではないかと、
思っています、沢山の記憶の映像と
今、目の前の映像を、無意識のうちに
人間はマッチングさせているのかも
知れません、写真に限らず、絵画や
映画、マンガなど、映像に沢山触れる
ことで、もしかすると、その直感力も
鍛えられるのではないかとも思っています。
Commented by ushinosanpo at 2009-03-24 20:40
まう さん、はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
数あるブログの中から、一風変わった拙ブログ
にお越しいただき、ありがとうございます。

こちらでは、組写真という事で、常に7枚組の
写真を載せています、よろしければ、また
ゆっくりご覧になっていただければ幸いです。
そちらにも、後ほどお邪魔にあがります、
よろしくお願いいたします。

<< 津守(つもり)・汐見橋線散歩写真 北山之辺の道(きたやまのべのみ... >>